フラット35でアパート建築は可能?

住宅を建てる場合、それを現金で支払うという方は一般的にほとんどいないのではないでしょうか。
当然その場合は住宅ローンを利用することになるのですが、長期の35年ローンが組めて長期固定金利型であるフラット35が高い人気を誇っています。
ただしこのフラット35を利用して、アパート建築をしようとお考えの方もおられますが、残念ながらフラット35は賃貸目的の建物は対象外となっています。
あくまで用途が自己居住のための住宅を購入するため、ということになっていますので、アパート建築のためにフラット35を利用することはできません。
自分が住むための家であれば、新築、中古に限らずフラット35が利用可能ですので、これから住宅ローンを検討するという方は、ぜひ選択肢のひとつに入れてみてはいかがでしょうか。
フラット35審査甘い銀行は?年収基準!【自営業落ちた理由】