住宅ローンのフラット35は便利?

住宅ローンを組む場合、担保となる住宅が必要です。
ましてフラット35の場合、住宅金融支援機構が定めた独自の技術基準に適合していなと融資が受けられません。
しかし、これから土地を買い住宅を建てようとする人や土地があるので住宅を建てたいと思っている人は、現時点で住宅が無いので融資が受けられません。
そこで、金融機関はフラット35などとパッケージで「つなぎ融資」のプランを提供しています。
これは、住宅ローン契約を結ぶことを前提に土地の購入や住宅の建築に必要な資金を一時的に貸し付け、住宅が完成した後に正式な住宅ローン契約を結びつなぎ融資を精算するというシステムです。
基本的に無担保な貸し付けで金利は通常の住宅ローンより高めに設定されています。
融資期間は1年以内という期限付が多いのも特徴です。